ナレーター / 朗読家

自分の写真
こんにちは ゆずき あん です。  この 「ぶろぐ」 では、 かたり げいじゅつ  よもやまばなしを おつたえします。  にほんごが たのしく よめるように くふうします。  よろしくおねがいします。

2018年6月18日月曜日

ブログをまってる ひとが いる

『このあと どうしちゃおう』
ヨシタケシンスケ 作/ブロンズ新社

右の冊子は、インタビュー記事
ヨシタケシンスケさんが描く <あたらしい向きあい方>

ブログ(ぶろぐ)ってる が い


ぼくは しょっちゅう しにたい と かんがえる。
でも しんぱい しないでほしい。
それは ぼくが しょうがくせいのときからだ。
・・・たぶん そのくらい。
きっと かんがえかたの くせ なんだとおもう。
ふてぶてしくも すでに 〇〇ねんも いきている。
こどもまで できた。

あるひ その こどもに 「しんでいいかな?」 と つぶやいた。
こどもは ないて 「いやだ」 と いった。

あるひ じさつしたひとの しゃしんを たくさん みた。
インターネット(いんたーねっと)は かたづけられるまえの いたいのしゃが ん った。

こころのせんせいに つたえた。
こどもに 「しにたい」 と いっては いけないと いわれた。
こどもは ぼくが しぬかもしれない と おもって
はんこう できないひとに なるかもしれないんだって。

あるよる こどもに 
「もう しにたいって いわないように がんばるね」 
と やくそくした。
こどもは しんけんなかおで ぼくのかおを みていた。
そのあと このほんを こどもといっしょに よんだ。

『このあと どうしちゃおう』

ぼくも こどもも 
ヨシタケシンスケ(よしたけしんすけ)の が だ。


ブログ(ぶろぐ)ってる が いる。




『おしっこ ちょっぴり もれたろう』
ヨシタケシンスケ作/PHP研究所

2018年6月9日(土) 三省堂・そごう大宮店にて
新刊発行記念サイン会

左から わたし・こども・ヨシタケシンスケさん 

ご来館ありがとうございました
ランキングに参加しております
よろしければ下記の朗読バナーを
おしてください